居場所としてのSAKKA塾

現在ONLINEとなったSAKKA塾ですが、コロナ以前はリアル教室での運営でした。さいたま市の中浦和駅そばの教室に、毎週金曜に集まり、お喋りしながら原稿を書いたり落書きをして楽しんでいました。会員数の多い時は金土日の3クラス、小学生から大人まで、コミティアにも参加したりしておりました。

それで、このクラスで何をしたかったというと。「部誌を作る」、「絵を描く」といった目的に加え、必要な人には技術的な指導もしますが、SAKKA塾の最大の機能は「居場所」なんです。

学校でもない、職場でもない、または家や友達との遊び場、それ以外の別の場所として、好きな絵を描いて楽しめる場所として、存在したいのです。

専門学校的ではない、楽しむ事が目的、でも、ちょっと絵や制作の事を知れる、小さなコミュニティ。その理念はオンラインでも引き継ぎたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする